子育てして死にたくなった

周りから見れば幸せ絶頂の家庭で、死にたくなった。

旦那は残業を断り、赤ちゃんのお風呂やミルクを飲ませることを積極的にやってくれ、一人で年収800万円稼いでくれる。

私は妊娠前まで保育園で働いていて、出産を機に専業主婦になった。

息子は4ヶ月でよく飲みよく寝てくれる。とても健康で穏やかだ。

義母はすぐ近くに住んでいて、基本的に何も言わないが困ったら助けてくれる優しい人だ。


こんなにも恵まれてる環境にいても、本気で死にたくなった。


原因は私が、子育てでイライラしてはいけないと考えていたからだった。

夜泣きも、毎朝の四時に背中まで漏れたうんちを処理すること、なぜかわからないぐずりにも、紙パンツを履かずに寝返りしようとする赤ちゃんにも、イライラしてはいけないと思っていた。

赤ちゃんは生まれたばかりなんだからしょうがないって、イライラを押さえ込んでいたらある時、感情が爆発して旦那に、もう死にたい、消えてしまいたいと叫んでいた。


幸い、いろんなサポートがあって落ち着いてきたが、一人で感情を抑え込むと病む。これだけ恵まれた環境でもボタンの掛け違えがあれば、地獄に落ちる。

だからもう子育てはイライラしてもいいと思おうとする。

イライラしていいということは、子どもに当たってもいいということでは、決してない。子どもに当たってもいいことは一つもない。


けど、イライラしてもいいと思えれば少し気持ちが楽になった。


夜中に起こされたり、やりたいことを中断させられたり、意味わからず泣かれ続けられてるんだもん。イライラしたっていいじゃないか。

泣かれてイライラしても子どもに当たらない自分偉いなって思ってもいいじゃないか。


そういえば保育園では、職員は皆んなイライラして扱いも手荒かったな。